読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジログ~ダイレクト出版の本・ビジネス洋書を楽しむブログ~

ビジネス書を楽しく前向きに捉えて考えるためのブログです。主にダイレクト出版の書籍を扱っています。

管理人について

こんにちは。このブログの管理人、eastです。

ダイレクト出版の書籍紹介がメインですが、恐らく、

あなたはどんな人が書いているのか気になっているはずですので、

経緯や動機を書いておきます。

 

■経歴

1980年代前半生まれ。バブル崩壊後の就職氷河期(2005年にいったん収束したとされている)と、リーマンショック後の就職氷河期(2010年に収束したとされているが2016年現在、状況は不透明)の間、2007年春に大手楽器メーカーに就職。メーカーの運営する教育事業に8年間従事したのち退職。2015年半ばから、友人が立ち上げたベンチャー企業に創業期メンバーとして参加。

余暇で、2013年より3DCADと3Dプリンターを使用して個人ものづくりを開始し、3Dデータの扱い方を習得。3年後、この新しいものづくりの知識を利用したビジネスで一旗あげようと画策中。

■悩んでいる(いた)こととその理由

会社の成長:ゼロもしくは1の状態から立ち上がった会社の「やり方」がわからない。

新規顧客の獲得:ベンチャー企業なので製品の知名度が低い!

法人顧客の獲得:7年ほど対面接客を中心としてきたためノウハウがない。

以前携わっていた教育事業の集客と維持:リーマンショック以降右肩下がりとなった実績の回復手段が見つからなかった。

■読書遍歴

大学生:興味のあった司馬遼太郎藤沢周平といった時代小説を、ブックオフ100円コナーを中心に購入。文学部ではなかったが、明治・大正の文豪の文学も好んで読んだ。

新社会人:ライトノベルに傾倒(涼宮ハルヒの憂鬱などにより市民権が広がった時期でした)。働くことに慣れる一方で、あまり頭を使わなくていいものを好んだ。

社会人:書店で見かけた日本のビジネス書や新書を月に1~2冊くらいのペース。読書が仕事の役に立った=売上を上昇させた、ということはあまりできなかった。

現在:マーケティングについて調べ始め、ビジネス洋書にシフト。直近で、月5冊ペース。

■ダイレクト出版本紹介の動機

「なぜあの商品は急激に売れ出したのか/マルコム・グラッドウェル」、「エスキモーが氷を買うとき/ジョン・ポールストラ」、「私はどうして販売外交に成功したか/フランク・べドガー」、「人を動かす・道は開ける/デール・カーネギー」など、日本でも有名な本を連続して読み、日本の書籍と海外の書籍で、情報量や書き手の熱意の差に違和感を感じた。以前から気になっていたダイレクト出版の書籍を買って読んだことで、海外の良質な書籍を参考にしたほうが良いと、違和感が確信へと変わる。知識の取得に同じお金をかけるならば、少しでも質の高いもののほうが良いとの考えのもと、シェアをするべく、ブログをスタート。

■個人の目標

来年のメーカーフェア東京2017に、展示側として参加をする。

f:id:eastMusicworks:20160807101423j:plain

 

あなたにとって、当ブログが楽しんでもらえるもの、有益なものにできるよう、私は努力します。